ステビア甘味料について

海外における使用状況

日本のステビア甘味料の年間消費量は(ステビア工業会推定)約150トン程度です。海外では韓国が300トン、中国が100〜200トン、その他認可されている国は台湾・ブラジル・パラグアイ、アルゼンチン等です。 2008年10月、オーストラリア・ニュージーランドでステビア甘味料(JECFA規格)に許可がでました。 12月にはアメリカ合衆国でもレバウディオサイドA(純度95%以上、及び純度97%以上)として2社がGRASになりました。すでにアメリカ合衆国では飲料が発売されています。 JECFA規格・・・ステビオール配糖体9成分で95%以上

ステビア業界の健全な発展を図る事を目的として設立されたステビア甘味料製造・取り扱い業者で組織する業界団体です。

ページトップに戻る